甲府城



甲府城の歴史を訪ねる。
P1000226.JPG


舞鶴城公園
P1000219.JPG


天守台
P1000221.JPG


甲府城を望む
P1000222.JPG



甲府城跡(南手前に遊亀橋、奥に謝恩塔)

通称 舞鶴城、一条小山城

城郭構造 梯郭式平山城

天守構造 不明

築城主 徳川家康

築城年 1583年(天正11年)

主な城主 浅野氏、徳川氏、柳沢氏

廃城年 1873年(明治6年)

遺構 石垣、堀

指定文化財 山梨県史跡

再建造物 櫓、門


甲府城
甲府盆地北部、現在の甲府市中心街の一条小山に築城された中世から近世にかけて

の平山城である。 甲斐国では戦国期から甲府が政治的中心地となり、躑躅ヶ崎館

(武田氏居館)を中心とする武田城下町が造成されたが、武田氏滅亡後に甲斐を

領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城を築城して新たに甲府城下町

が整備された。豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最

も近い親藩(甲府藩)の城となった。天守台はあるが天守が建てられていたかは

不明である。浅野長政父子の時代に天守があったとする説がある。江戸時代には

初期の幕府直轄領時代から甲府藩時代、享保年間に再び直轄領とされた甲府勤番

時代を通じて統治の拠点となる。


日本の「城」巡りTOP







posted by oojijisun at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。